看護師と准看護師、看護助手(特定技能)の違い

看護師と准看護師、看護助手(特定技能)の違い

外国人の方が日本の病院などで働く際には、それぞれに必要な資格、条件やビザがあります。
以下、説明をしていきます。

1.看護師、准看護師について

看護師には「看護師」と「准看護師」という二つの資格があります。
いずれも医療行為が可能な資格ですが、試験制度や資格など異なる点もあります。
外国で看護師の資格を取得済みであれば、日本で看護師や准看護師として働けるチャンスがあります。

試験制度の違い

  • 看護師は厚生労働省が実施(毎年2月、全国同一日程)
  • 准看護師は各都道府県が実施(毎年2月〜3月、都道府県により受験日、試験問題は異なる)
    →2021年2月実施分から全国統一日程と問題で行われる予定
  • 看護師と准看護師で受験のための要件も異なる(卒業した学校の履修内容や年数など)
  • 看護師の国家試験の合格率は毎年90%前後。
    准看護師試験は受験する都道府県によって異なりますがおおよそ98%ぐらいと言われます。
    試験の難易度は看護師に比べて易しくほぼ合格します。
    試験日程が異なれば看護師と准看護師の試験をダブル受験可能です。

看護師になるには?

  1. 厚生労働省の認定申請を取得
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000112866.html
  2. 看護師の国家試験申し込み
    看護師国家試験の施行|厚生労働省
    厚生労働省の所管する看護師国家試験の施行について紹介しています。
  3. 看護師の国家試験受験→合格後に医療ビザ取得

准看護師になるには?

これから准看護師を目指す人|一般社団法人 日本准看護師連絡協議会

看護師の認定申請を取得すれば、准看護師の試験も受験可能です。
看護師の認定を受ける資格がない場合でも、各都道府県で認定申請を受ければ受験できます。

資格の違い

  • 看護師は厚生労働省が発行する「国家資格(免許)」
  • 准看護師は「各都道府県知事発行の免許」(資格があれば日本全国どこでも働ける)
  • いずれも免許をもらえれば、一生有効な資格です。

実際の仕事内容や処遇

  • いずれも医療行為が行える点では変わりませんが、准看護師は医師、歯科医師、看護師の指示を受けて仕事をこなしていくポジションです。
  • 給与や昇進などの処遇面でも差があることが一般的です。
  • 准看護師でも看護師試験の受験要件を満たし、試験に合格すれば看護師になることもできます。
    もし看護師の試験が不合格でも、准看護師に合格しておけば働きながら看護師を目指すことができます。

ビザの種類

  • 外国人の方は「医療ビザ」を取得して病院や介護施設で勤務することになります。
    医療ビザは医師や看護師などの医療従事者のみに与えられる特別なビザです。10年以上経過で永住権取得のチャンスも生まれます。

アイメイドでは、これまでに500人近い外国人看護師を扱ってきた実績があります。
看護師、准看護師の認定申請から受験や医療ビザ申請、就職先の紹介までしっかりとサポートします。

2.看護助手について(特定技能)

  • 「看護補助者」とも言われ、看護師、准看護師とは異なります。資格がなくともできます。
  • 仕事内容は、患者さんの身の回りのお世話などが中心で医療行為はできません。介護施設の介護職とも近い仕事ですが、病院によっては医療行為以外の様々な仕事を担当する場合もあります。

看護助手について(特定技能)

  • 無資格でも可能ですが、介護福祉士の国家資格の保有者や介護職の初任者研修の受講者は優遇されます。
  • 外国人が看護助手として働く場合は、「特定技能介護ビザ」となります。「日本語N4以上」で、「特定技能介護の検定試験」+「介護の日本語試験」に合格できればビザを取得可能です。
  • ビザを取得後、5年間、全国の病院や介護施設で「看護助手」または「介護職員」として働くことができ、技能実習生と異なり転職も可能です。
  • また、実務経験3年を積めば介護福祉士の国家試験の受験資格も生まれます。毎年1月末に行われる「介護福祉士」の試験に合格できれば、「介護ビザ」を取得してステップアップできるチャンスです。介護ビザは介護職の外国人に与えられる特別なビザです。ビザの更新さえしていけば、一生日本で介護職員として働くことができますし、永住権取得のチャンスも生まれます。

特定技能は2019年4月からスタートした新しい制度です。
技能実習生に比べて有利な点も少なくありません。

母国で看護師の資格を持っていなくてもチャレンジできます。
ぜひこの機会に看護助手(特定技能)を目指してください。
これまで500名以上の外国人介護人材を扱ってきた経験豊富なアイメイドが、特定技能介護の試験対策からビザ取得、就職先の紹介までしっかりとサポートします。

特定技能介護

介護分野における特定技能外国人の受入れについて

また、やる気のある方には介護の専門学校(2年間)を経て、「介護福祉士」の国家資格取得を目指すコースもあります。奨学金などの金銭的支援を受けながら安心して学ぶことができます。
いま、日本語学校や他の専門学校に通っている方にもチャンスがあります。細かい資格や条件はお問い合わせください。